むし歯治療について

歯は極力抜かず、ご自身の歯を大切に生かす方針です。

むし歯の程度にもよりますが、「むし歯=すぐ抜く・削る=かぶせる・つめる」ではなく可能な限りホームケアでの改善を考えます。歯は極力抜かず、ご自身の歯を大切に生かす方針です。
そのためにも、ブラッシング指導や食事指導などについてきちんとご説明いたします。
治療後は、痛みがなくても3カ月に一度は定期検診の受診をお勧めしています。

痛みに配慮した取り組み

当院では「痛みの少ない治療」を心がけ、2段階麻酔を採用しています。2段階麻酔では、麻酔前に表面麻酔で神経を麻痺させ、麻酔針が最初に刺さる痛みそのものを軽減します。他にも「今から麻酔しますよ」「少しチクッとします」と声をかけさせていただきます。これも治療中の不安や痛み軽減するための取り組みのひとつです。麻酔注射の痛みもほとんど感じないように、注射針も細い針を使用します。表面麻酔の作用や麻酔注射を打つポイントなど、できるだけ痛みを感じない治療で患者様に負担がかからないように努めています。

むし歯の治療

むし歯の原因

お口の中には多くの種類の細菌が常在しています。その中のミュータンス菌などの「むし歯病原」とよばれる細菌が、摂取した飲食物に含まれる糖分を栄養として繁殖し、細菌の塊を形成します。これが歯の表面に付着するプラーク(歯垢)です。プラークは酸を産出して歯の表面のエナメル質を溶かしていきます。糖分は摂取量よりも、お口の中で糖分が留まる時間の長いほうが、むし歯になりやすくなります。そのため、歯みがきが不十分であるなど、お口の中の清掃状態が悪い場合に、むし歯や歯周病が進行しやすくなります。

むし歯の症状

初期のむし歯ではエナメル質の一部が不透明な白色に見える「ホワイトスポット」が現れますが、痛みは感じません。
むし歯が進行すると歯の表面が軟らかくなって穴が開き、褐色~黒色に変色します。
むし歯が深くなると冷たいものがしみたり、痛みを感じるようになります。
さらに進行すると、何も食べないときでもズキズキとした痛みが出るようになります。
歯の神経が壊死すると痛みは軽くなりますが、根幹を通じて顎の骨に炎症を起こすことがあります。

検査・診断

むし歯は肉眼で判断する視診のほか、器具で触れることによって判断する方法や、レントゲン検査などをおこないます。

むし歯の進行

むし歯とは、ミュータンス菌などのむし歯病原が作り出す「酸」によって歯が溶かされ、不可逆的に進行する病気です。そのため、むし歯病原に侵された部分を取り除いたり、溶けた部分をつめたり、かぶせ物をして治療します。
むし歯の進行状況(CO、C1、C2、C3、C4)により、治療法が異なります。

CO 初期むし歯

歯の表面のエナメル質が脱灰して白くなっている状態です。まだ歯に穴は開いておらず、むし歯になりかけている段階なので、痛みなどの症状はありません。

治療方法

間食の時間を決める、フッ化物(フッ素)を使用するなどの方法で再石灰化を促し、経過観察します。

初期むし歯
CO 初期むし歯

C1 エナメル質内のむし歯

歯の表面(エナメル質)のみでとどまっている初期のむし歯。
しっかりした予防で進行を防ぐことが可能です。むし歯の範囲や場所によっては、削ってつめ物をする必要があります。

治療方法

最小限にむし歯の部分だけを削って合成樹脂(レジン)を充填します。

エナメル質内のむし歯
C1 エナメル質内のむし歯

C2 象牙質に達したむし歯

エナメル質の下の象牙質までむし歯は進行した状態で、神経(歯髄)に近づくにつれて冷たい物がしみ、痛みの自覚症状が現れます。削って治さないと深く進行するので、早期発見・早期治療が望まれます。大きさによってはつめ物や、かぶせ物をする必要があります。

治療方法

C1と同様に合成樹脂(レジン)を充填するか、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックのつめ物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

象牙質に達したむし歯
C2 象牙質に達したむし歯

C3 神経 (歯髄)に達したむし歯

歯の神経(歯髄)まで進行し、炎症(歯髄炎)が起き、激しい痛みを伴うことがあります。

治療方法

歯髄の炎症が重度の場合は、歯髄組織を除去したあとで根管内を消毒(俗にいう「歯の神経を抜く」)し、シーリング材を用いて充填します。
また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどのかぶせ物をします。症例によっては、特殊な抗生物質を用いて歯髄を保存する処置をおこなう場合もあります。

神経(歯髄)に達したむし歯
C3 神経 (歯髄)に達したむし歯

C4 歯質が失われたむし歯

末期のむし歯の状態。歯はほぼ歯根だけになってしまいます。歯髄は死んでしまっているので痛みは軽減しますが、歯根の先に膿が溜まり始めます。このまま放置すると顎の骨の中に細菌が入り込み、治療が困難になることがあります。

治療方法

この状態になると抜歯が必要になります。抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。こうなる前に治療をお勧めします。

歯質が失われたむし歯
C4 歯質が失われたむし歯

むし歯リスクチェック

むし歯になりやすいかどうかは、むし歯を起こす力とむし歯を防ぐ力のどちらが優位かを調べることで分かります。
これを「リスク評価」といいます。自分のリスクがどれぐらいかを知ることは、適切な口腔ケアを確立する上でとても重要です。

No.項目判定
01甘いものが好き 
02歯磨きは毎食後はしない 
031回の歯磨きにかける時間は3分以内 
04治療したむし歯の数が4本以上ある
05お湯が歯にしみる 
06水が歯にしみる
07食べ物を噛むと歯が痛む 
08歯に食べ物がよく詰まる 
09親もむし歯が多かった 
10歯ブラシ以外の清掃用具(歯間ブラシ、デンタルフロス、糸ようじなど)は使ったことがない 
11歯科医院には痛みが我慢できなくなってから行く 

チェックによる判定

10個以上
痛みなどの自覚症状は出ているはず。すぐに歯科医院に行きましょう。

7から9個
むし歯の可能性大!痛みがなくてもむし歯は進行しています。早めに歯科医院で検査しましょう。

4から6個
むし歯ができている可能性があります。一度歯科医院でチェックすることをお勧めします。

1から3個
むし歯はないかもしれませんが、注意が必要です。歯科医院でご自身に合った予防法を相談しましょう。

0個
今のところむし歯の心配はありません。定期検診を受け、歯の健康を保ちましょう。

※あくまでも目安ですので、定期的な検診は欠かせません。

診療のご予約はこちら

歯科医院が苦手な方や、より健康な歯を目指している方は
湘南台駅東口から徒歩3分の歯科医院「湘南台中央デンタルクリニック」にご相談ください。
当院では「患者様へのご負担が少ない治療」を心掛けています。