フッ化物歯面塗布について

永久歯の女の子

フッ化物歯面塗布は、特に生えたての永久歯に効果的です

フッ化物歯面塗布は定期的におこなうことをお勧めしています。

むし歯予防の一環としてフッ化ナトリウムを用いたフッ化物歯面塗布をおこなっています。
また、フッ素(フッ化物)入りの歯みがき剤やうがい薬などを併せて日常的にご使用いただくことで、よりむし歯になりにくい歯を作ることができます。
当院では、フッ素入りのデンタルケアグッズも取り扱っています。お気軽にご相談ください。

フッ化物歯面塗布がむし歯を予防する

初期むし歯を治す

歯は食事のたびにカルシウムやリンなどのミネラルが溶け出し(脱灰)、唾液によって溶け出した成分を戻します(再石灰化)。このバランスが崩れた時に初期むし歯が始まります。
フッ化物歯面塗布をおこなうことによって再石灰化が促進され、初期のむし歯に多くのミネラルが吸収されて治っていきます。

メリット
1

歯を強くする

フッ化物歯面塗布は、歯の溶け出した成分を戻す再石灰化の時に、表面のエナメル質の成分(ハイドロキシアパタイト)と結びついて「フッ化アパタイト」という硬い構造に変化し、歯を強化します。これによって歯は酸に強くなり、酸による脱灰が起こりにくくなることで、初期むし歯の発生を防ぎます。

メリット
2

むし歯病原菌の活動を抑える

むし歯病原菌の出した酸が歯を溶かしていくのがむし歯です。フッ化物から遊離したフッ素イオンはむし歯病原菌の中に入り込んでその活動を抑えるため、結果として作られる酸の量が減り、歯が溶かされにくくなります。

メリット
3

生え始めの永久歯のお子様にお勧めします!

生えたての永久歯は歯の表面が弱く、歯の溝も深いためにむし歯になる確率が最も高い時期です。

この時期に歯を削ってしまうと一度削った歯は元には戻らないので、その後のむし歯リスクが高くなり、歯の寿命が短くなります。歯の寿命をのばすためにも永久歯が生えてから2~3年は定期的にフッ素塗布をおこない、危険な時期を乗り越える必要があります。

歯ブラシを持つ姉弟

料金(税込み)

フッ化物歯面塗布標準料金2,000円

診療のご予約はこちら

歯科医院が苦手な方や、より健康な歯を目指している方は
湘南台駅東口から徒歩3分の歯科医院「湘南台中央デンタルクリニック」にご相談ください。
当院では「患者様へのご負担が少ない治療」を心掛けています。